WAKUGUMI|MTRL TOKYOにWAKUGUMI製の「棚」を導入しました。

岩沢兄弟が開発中の家具DIY支援ツール「WAKUGUMI」をつかってつくった棚を、
MTRL TOKYO(東京都渋谷区)に試験導入しました。

◎家具DIY支援ツール「WAKUGUMI」プレスリリースこちら


今回から、家具の素材には強化ダンボール「トライウォール」を使用をはじめました。
この「トライウォール」。普段は建築建材や自動二輪、飛行機といった、産業用の重量物梱包資材として使われています。
ダンボールのため木材よりも軽くて低コスト。なのに、例えば本棚として利用するに十分な荷重にも耐えられる。
ちょっとサイズがあわなかったり、壁のコンセント回りを逃げたいと思ったらカッターでガシガシ切れちゃうというのも魅力なのです。


WAKUGUMIは、発注から大体2週間程度で切り出された状態の板(ダンボール)が届きます。
これを組み立てていきます。


これくらいの大きさの棚で、組み立て時間はおよそ30分程度でした。

空いている空間にジャストサイズの棚を作りたい方、おすすめですよ。
ぜひ皆さん、MTRL TOKYOに足を運んで、本物を見てみてください!

関連リンク
WAKUGUMIとは?
WAKUGUMI β ※ WebGLが動作するウェブブラウザが必要です
MTRL TOKYO

ルミネ|「遊び心のあるオフィス空間」をぎゅっと詰め込んで。ルミネ ウィンドウディスプレイデザイン

2019年3月、ルミネ全10箇所のディスプレイを岩沢兄弟が企画・デザインしました。
テーマは「Work ✕ Leisure ー Weisure(ワジャー)」。

「遊び心のあるオフィス空間」をディスプレイテーマにしたいという意向を受け、
ちょっとだけ現実からはみ出すたのしい空想と、「オフィスらしさ」を構成する要素をかけ合わせた、オリジナル家具と空間を提案しました。





上記全てLUMINE新宿店で撮影。


デザインスケッチ(画:いわさわひとし)

ルミネ ウィンドウディスプレイ「Weisure」
期間:2019年3月
場所:LUMINE(大宮、北千住、池袋、有楽町、新宿、新宿EST、立川、横浜、町田 、荻窪)
クリエイティブディレクション:POOL inc. 岩﨑悦子、滝瀬玲子
アーティスト:岩沢兄弟(バッタネイション)
制作:SUPER EDISON CO.,LTD.
撮影:ただ(ゆかい)

【動画制作】
クリエイティブディレクション:POOL inc. 滝瀬玲子
ディレクター:中塩 健吾
プロデューサー:POOL inc. 内島来

[NEWS] 図面自動生成WEBツール「WAKUGUMI β」を10月4日より提供開始

報道機関各位
2018年10月4日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
図面自動生成WEBツール「WAKUGUMI β」を10月4日より提供開始
~専門知識も専門家もいらない。デジタル工作機器に対応した家具DIY支援ツール~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


インテリアデザイン・家具デザインを手がける岩沢兄弟(有限会社バッタネイション:東京都台東区)は2018年10月4日、
家具デザインの経験が無くても、欲しいサイズを入力するだけで自動的にDIY用棚図面を作成できる、
図面自動生成Webツール「WAKUGUMI β(ワクグミ)」を提供開始いたします。

▼「WAKUGUMI β」http://www.wakugumi.com
(WebGLが動作するウェブブラウザが必要となります)

■ 開発の背景
私たちは今春、リノベーション時代の新たな空間デザイン方法(=枠組み)を提案する、“ワクグミプロジェクト”を発足。
企画第一弾として、家具DIY支援ツール「WAKUGUMI」を開発しました。
デザインや設計の専門家に頼むほどではないけれど、自分で設計しようとすると難しい。
「WAKUGUMI」は、そんなDIYやセルフリノベーションで陥りがちな場面で役に立つツールになっています。

「デザイナーや建築家に依頼する前に「まず、作ってみる」というスタイルが根付いてほしい」と話すのは発案者の岩沢卓(岩沢兄弟)。
ワクグミプロジェクトでは、「WAKUGUMI」のような「つくる」ハードルを下げるツールを提案することで、
誰もがつくりたいものを「つくる」日常の実現の一助を担えればと考えています。
(→ 詳しくは、「WAKUGUMIに込めた想い」

■ 概要
「WAKUGUMI」は、必要な寸法を入力するだけで、家具製作用のデータを無料で取得することができるWebサービスです。
これまで、空間デザインの専門家を呼ぶ必要があったような空間に合わせた家具の制作が、寸法を入れるだけで可能となります。

■ 主な特長
1.寸法を入れるだけで家具用図面が作成できます*
幅と高さ、収納するものの種類(A4/LPレコード/プラコンテナに対応)を入力するだけで、
棚のイメージを確認し、図面データをダウンロードすることが出来ます。
*図面データダウンロードサービスは、2018年11月中の提供を予定

2.個人利用であれば、無料でサービスが利用できます*
DIY支援ツールとして無料で全ての機能が利用できます。
工務店や家具製作所に依頼する際のデータ作成ツールとしても活用いただけます。
図面データ作成など、随時サービスを拡充予定です。
*商用利用については、ご相談ください

3.デザイナーに依頼しなくても、好きなサイズの家具が作れます
空間デザイナーや建築家に依頼することなく、部屋の形に合わせた家具の制作を行うことができます。
今後、部材カットやDIYのサポートサービスなどの提供も予定しています。

■ サービス概要
サービス名: WAKUGUMI
URL:http://www.wakugumi.com
(WebGLが動作するウェブブラウザが必要)
サービス内容: 家具DIY支援サービス
サービス開始:2018年10月~(図面ダウンロードサービスは11月から提供開始予定)
価格:無料(商用利用は別途見積もり)
管理・運営:岩沢兄弟(有限会社バッタネイション)

■ 今後の展開
2Dカットデータ、3Dデータの提供サービス。概算価格算出機能、デジタル工作機器CNC向けの加工用データ提供、
部材加工サービスとの連携などの機能拡充を予定しています。
全国の工務店やホームセンターなどとの連携ネットワーク構築を行います。


↑3D/2Dカットデータの提供画面イメージ

■ ワクグミプロジェクトについて
空間デザインユニットの岩沢兄弟*(岩沢仁+岩沢卓)と建築系プログラマーの堀川淳一郎(Orange Jellies)を
中心に始動したプロジェクト。リノベ時代の新しい空間づくり・場づくりのアプローチ(枠組み)の試作実験と提案を行う。
2018年10月、誰でも簡単に棚図面がつくれる家具DIY支援ツール「WAKUGUMI β」を公開

*岩沢兄弟(有限会社バッタネイション)
2000年活動開始、2002年法人化。インテリアデザイン、家具・什器・大道具などの立体物設計だけでなく、
映像・音響機器、IoTツール、FAB機材などのデジタルツールも活用して、場所とひとの新しい関係をつくる空間デザイン兄弟ユニット。
オフィスやラウンジ、共創空間、プロジェクト拠点などの空間デザイン実績多数。

■ 本件に関するお問い合わせ先
岩沢兄弟(有限会社バッタネイション:東京都台東区浅草橋4-7-5)
担当者:岩沢
TEL:03-5823-4255/080-5400-1751
Email:info@battanation.com
WEB:http://www.battanation.com

■ プレスリリースPDF版は以下よりダウンロードできます
WAKUGUMI_プレスリリース20181004pdf

FINDERS編集部|新オフィス 空間・家具デザイン

米田智彦氏が創刊編集長を務める新ウェブメディア、
「FINDERS(ファインダーズ)」の編集部が入居するオフィスデザインを担当しました。

◎人が空間に合わせるのではなく、空間が使う人に合わせるデザイン

空間づくりで大切にしているのは、「人が空間に合わせる」のではなく、いかに「空間が使う人に合わせられるか」という視点です。
空間、空間に配置される家具や什器、道具によって人の行動パターンを決めるのではなく、
新しい使い方や自分なりの居心地の良い過ごし方を自然に発見できる仕掛けをつくることが大事だと考えています。
この考えを土台に、今回の「FINDERS」編集部オフィスの場合は、
最新テクノロジーやデザインを紹介するメディアだからこそ必要な空間づくりを目指しました。

大きなポイントは2つあります。
一つは、「ファインダー越しに映える空間づくり」。
もう一つは、「編集部の成長と働き方に合わせられる空間づくり」です。

 

◎「ファインダー越し」に映える空間に仕立てる

ウェブメディアに欠かせないのが、クオリティの高い写真。
編集部オフィスも撮影の舞台として最大限活用できれば、オフィスの利用価値が上がるのではないかと考え、
「ファインダー越し」に映える空間づくりを一つのポイントにしました。

例えば、ミーティングルーム。
既存の天井を残し、壁を造作したミーティングルームを中心部に配置。

壁に囲まれがちなミーティングルームの1面をガラスの引き戸にすることで、引きの映を撮りやすい空間に仕立てました。
さらに、その先にエントランス兼ソファスペースを配置することで、中庭的な部分を配置。
部屋の中心にありながら圧迫感のない奥行きを感じられる場所を作りだしました。


また、オフィス内で色々な表情のインタビューシーンが撮影出来るように、要所要所に表情の違う壁を作りました。

全体のテイストは、トレンドを安易に取り入れるのではない、いつでも新鮮さを感じられ、古くならないデザインを目指しました。

 

◎使い手の自由を拡げる「ツール」を組み込む

二つ目のポイントである「編集部の働き方に合わせられる、空間づくり」。
FINDERS編集部のスタートは3名。ここから、次第に編集部員や学生インターン、外部パートナーなど、
関わり方の違うメンバーが増えていくことを想定して拡張性の高いオフィスづくりを前提としました。

躯体(スケルトン状態の空間)の中に必要なモノの場所を落とし込み、できたスキマをつなぐように家具を埋めていきました。
オリジナルデザインの家具には、表情が豊富なラワン合板を使用。
テーブルは自分達でレイアウト変更しやすいように、シンプルで軽く、組み合わせやすい正方形型におさめました。


壁面には本棚と1人集中や気分転換のためのカウンターを設置。

柱と間仕切りの間に出来た隙間には扉のみを設置し大きな物をざっくりと収納できるパントリー的な物を設置。
編集部の働き方や成長に合わせて、オフィス空間がどんどん新しい使い方が発見され、変容していくことを楽しみにしています。

FINDERS編集部 新オフィス 空間・家具デザイン、施工
空間デザイン:岩沢ヒトシ
オリジナル家具デザイン・製作ディレクション:岩沢ヒトシ
解体、施工ディレクション:岩沢ヒトシ
実施期間:2017年11月〜12月
Photo:mayumine(mayumi ishikawa)

関連リンク
FINDERS:バッタ☆ネイションが目指す「溶け出す」「拡張する」オフィス空間

ロフトワーク|ロフトワーク展_展示空間演出・什器デザイン

株式会社ロフトワークの初めての企画展「ロフトワーク展 01 – Where Does Creativity Come From?」。
展示空間の演出と什器デザインを担当しました。

ロフトワークがさまざまなプロジェクトを通じて発見した“創造性の種”を公開した本展。
主に、アイデアのインスピレーションの元となった素材を展示するSeedエリアと、
プロジェクトを形成するあらゆる要素を数値化するDataエリアの2つの空間で構成されています。

Seedエリアは黄色をベースに、Dataエリアは青色をベースにデザイン。
いずれも統一感のでるように、正方形や長方形のオリジナルフレームを制作し、サインや展示什器に活用しました。

◎Seedエリア

Seedエリアは、アイデアの種明かしゾーン。
約20程度のプロジェクトのそれぞれの創造性の種…インスピレーションの素材を遊び心をふんだんに取り入れて展示しました。



 

◎Dataエリア

Dataエリアは、ロフトワークがクリエイティブを生み出すために使った時間やツールを展示。
青をベースとした空間構成で、実際のプロジェクトで作った提案資料を吊るしたり、
プロジェクト期間中、どんなことに時間を使ったのかを可視化するボードなどを紹介。

 

オリジナル展示フレームは単純な木製の枠組みのため、上記のようにサインや素材展示などさまざまな用途に活用できました。



 

ロフトワーク 「ロフトワーク展」空間デザイン・家具デザイン
展示空間演出・什器デザイン:岩沢兄弟
Photo:loftwork(https://flic.kr/s/aHsktcXD4E

リビタ|オリジナルホワイトボード(車輪家具)制作

株式会社リビタに岩沢兄弟オリジナルデザインのホワイトボード(車輪家具シリーズ)を納車しました。

リビタ ホワイトボード(車輪家具シリーズ)のデザイン・制作
家具デザイン・制作:岩沢兄弟

ワークスアプリケーションズ|オフィスラウンジ_空間デザイン・コミュニケーション設計

米大手企業向けソフトウェアメーカー、ワークスアプリケーションズが事業拡大・人員増加を背景に、
社内コミュニケーションの活性化を目的オフィスラウンジ開発プロジェクト。
岩沢兄弟は、空間デザイン・コミュニケーション設計・インテリアディレクションを担当しました。

ワークスアプリケーションズ|オフィスラウンジ_空間デザイン・家具デザイン
プロジェクトマネジメント:ロフトワーク
空間デザイン・コミュニケーション設計・インテリアディレクション:岩沢兄弟
家具:岩沢兄弟、HidakumaELDインターオフィス
植物:Geckou

◎関連リンク
loftwork.com:

[事例紹介]社員の働き方に合わせた新しいオフィス空間
 https://loftwork.com/jp/project/20170628_worksap
[Interview]「喫煙スペース」をひとつのインスピレーションにひとを惹きつける空間づくりをめざしたプロジェクト
 https://loftwork.com/jp/project/20170628_worksap/interview

ワークスアプリケーションズ:
オフィス紹介
https://career.worksap.co.jp/index.php/268/614

うさぎ王|新オフィス 内装・家具設計、施工

岩沢兄弟
岩沢兄弟|うさぎ王オフィスデザイン
岩沢兄弟|うさぎ王オフィスデザイン



岩沢兄弟|うさぎ王オフィスデザイン

岩沢兄弟|うさぎ王オフィスデザイン
岩沢兄弟|うさぎ王オフィスデザイン

うさぎ王 新オフィス 空間・家具デザイン、施工
空間デザイン:岩沢仁
家具デザイン:岩沢仁、堀川純一郎
家具組立、施工:岩沢仁、土田誠、堀川純一郎

パナソニック|Panasonic Wonder LAB Osaka 家具デザイン

Panasonicのイノベーターたちが、社外パートナーも含めた多様な人々と一緒に、
新たな価値を創造するプレイフルな共創空間「Panasonic Wonder LAB Osaka」の家具デザインを担当しました。


共創空間というと、オープンな空間づくりが重視されすぎて、一人で篭って作業できるエリアが減りがちです。
この壁付きテーブルは、1面〜最大3面まで壁パネルが付属しています。(写真は1面のみのもの)
可動式なので、いつでも好きな場所でお篭り作業ができますよ。


中華料理店でよく見かける、円形の回転テーブルから着想した家具。
大皿をみんなで取り分けておいしくいただくように、ちょっとしたアイデアや作ったものを気軽にシェアしやすいオフィステーブルに仕上げました。


車輪付きソファ。
ソファというと、稼働するのはなかなか難しいものが多いですが、こちらは片手でコロコロと移動できます。

Panasonic Wonder LAB Osaka 家具デザイン
家具/什器デザイン:岩沢ヒトシ

関連リンク
Panasonic Wonder LAB Osaka:https://www.panasonic.com/jp/corporate/wonders/wlo.html
株式会社ロフトワーク事例紹介「パナソニック株式会社|オープンイノベーションのための拠点づくり」:https://loftwork.com/jp/project/20160609_wlo

Shibuya Hack Project|Street Furniture Hack

「自分たちの手で、都市を使いこなす。」をキャッチフレーズに、
東急電鉄とロフトワークがクリエイターとともに渋谷でボトムアップ型の都市づくりを行うShibuya Hack Project。

本プロジェクトが主催したStreet Furniture hack ! にて、
2種類のストリートファニチャーを製作しました。

 

ストリートファニチャー:渋谷鏡

街を歩いているときに、空を見上げることはありますか?
人混みに揉まれ、次の約束に追われていると、顔を上げる機会は少ないように思います。
でも、せめて少し腰をおろしたときにでも、空を見上げてしまうように、誘導できる家具が作れないか? そこで考えたのが「渋谷鏡」です。
人工芝の座面の中心には、鏡を埋め込み、覗き込むと空と目があう仕掛け。
空の存在に気づけば、思わず見上げることでしょう。

 

 

ストリートファニチャー:コーンテーブル

100年に一度と言われる、大規模都市開発が進む渋谷。
駅前、公園、商店街と、様々なエリアで新築・改修工事が進んでいます。
工事現場に必ず存在するのが、コーン。
人を近づけないための、境界線をつくりだすのが主な役割だけれど、
もしそんなコーンが人を呼び寄せる道具となったらどう街は変わるんだろうか。

コーンテーブルは、コーン先端の穴の大きさに合わせてすっぽりと
かぶせるように取り付けられるダンボール製テーブルです。

まるで、地面がボコッと持ち上がったような風景を作りたく、
テーブルの天板には、路上データをスキャニングしたビジュアルを貼り付けました。

Shibuya Hack Project Street Furniture Hack 家具デザイン
家具デザイン・製作:岩沢ヒトシ、堀川淳一郎

◎関連リンク
Shibuya Hack Project:Street Furniture Hack!
http://shibuyahack.com/report/streetfurniture.html
ソトノバ:渋谷のどまんなかに家具を置いたら、「文脈の交差点」がうまれた!?
「Street Furniture@渋谷音楽祭2016」開催レポート

http://sotonoba.place/shibuya_streetfurniture2016

渋谷のどまんなかに家具を置いたら、「文脈の交差点」がうまれた!? 「Street Furniture@渋谷音楽祭2016」開催レポート

ゆらゆらスツール 図面pdf公開します

yurayura_stool_zumen%e3%82%86%e3%82%89%e3%82%86%e3%82%8902%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

バッタネイションの事務所内で実際に使用している「ゆらゆらスツール」のCNC用図面データを公開します。

18mm厚の合板を使用し、CNCのビットは6mm直径の場合の実寸のPDFファイル(クリックでDL)です。

 

お好きなスケールで制作して、卓上用のアクセサリー置きやフィギア用の椅子、建築模型用などに活用ください。レーザーカッターでも加工が可能です。

 

試作品の図面になりますので、強度試験・耐久検査などを行なっておりません。家具としての使用を推奨するものではありません。

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 – 非営利 – 継承 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。

YATAI TRIP in 徳島 -Iwasawa Bros. Version|屋台設計・制作

友人である、現代アーティストの栗林隆さんの作品「YATAI TRIP」に共感して、岩沢兄弟バーションの制作の許可をもらってつくりました。
その土地にあるもので屋体の上モノをつくり、既成品の一輪車(工事現場でよく使われるもの)にポンと乗っけるだけのシンプルな設計です。

岩沢兄弟|YATAI TRIPPING IwasawaBrosversion

YATAI TRIP in 徳島県池田町! やってまいりました。見た目はこんな感じ。

岩沢兄弟|YATAI TRIPPING IwasawaBrosversion

下はねこ車ですから、移動も楽々。多少不安定な道でもなんなくと運べます

岩沢兄弟|YATAI TRIPPING IwasawaBrosversion

簡単に屋台に早変わり。

岩沢兄弟|YATAI TRIPPING IwasawaBrosversion

岩沢兄弟|YATAI TRIPPING IwasawaBrosversion

徳島県池田町の人たちと一緒にお花見をしてきました!(盛り上がっている写真は撮影忘れました・・・)

 

YATAI TRIP in TOKUSHIMA
設計・製作:岩沢仁、土田誠
YATAI TRIP Concept Creation:栗林隆(https://www.takashikuribayashi.com/

組木テーブル プロダクトデザイン

25909662184_589c102ef9_o  26488651766_0be7ef2075_o   24598893716_27f3edfb42_o  25911710983_a1e79724b7_o

プロダクトデザイン
ヒダクマと共同開発 https://hidakuma.com/

FabCafe MTRL|空間・家具デザイン

25368717643_74948e0c62_o

Fabcafe MTRL 01

Fabcafe MTRL 02

Fabcafe MTRL 03

Fabcafe MTRL 04

 

FabCafe MTRL(https://mtrl.net/shibuya/

空間・家具デザイン:岩沢兄弟

家具製作:ヒダクマ(飛騨の森でクマは踊る)

+graph|新オフィス設計、オリジナル家具デザイン

14372433_835926296543968_442292439650902579_o

+graphさんは、会計や経理アウトソーシングだけでなく、社外の財務責任者という立場までコミット。
クライアントと真摯に向き合うことを大切にされています。
また、クライアントの大半がクリエイター系のスモールオフィスや、ベンチャー企業、酒造会社など
ものづくりに関わるクリエイティブ関連の業種であることも特徴の一つでした。
そんなクライアントのみなさんが、もっと素敵なものづくりができるように、
財務面から支援する+graphの魅力を空気感で伝えられるようなオフィスにすることを目指しました。

会社のコーポレートカラーをオフィスデザインにもふんだんに活用。
クリエイティブへの理解があることが伝わるような、しかし凝り過ぎず使いやすさを重視したオフィスになることを意識しました。

クライアント名:株式会社プラスグラフ(+graph)
完成:2015年9月
担当:新オフィスの設計・オリジナル家具デザイン

JAPAN BRAND FESTIVAL|展示用什器デザイン

JBS01
クライアント名:MORE THAN

内容:展示用什器デザイン

2016年1月11日〜17日の間、渋谷ヒカリエ 8/COURTで開催された、組織や立場を超えてジャパンブランドの未来を考える現代版「楽市・楽座」JAPAN BRAND FESTIVAL
イベント開催期間中は、国内外で活躍するゲストの講演や実践者のトークセッションに加え、ものづくり企業や支援事業者による体験会(展示やワークショップ、ガイドツアーなど)など多くの企画が実施されていました。
私たちが担当したのは、その中の一つ、MORETHAN PROJECTブースの什器デザイン。
JBF02
JBF03
ヒダクマさん協力によって飛騨の木と組木技術を活用した、日本らしさをたくさん詰め込んだオリジナル什器です。天板サイズを変えれば、テーブルとしても利用できます。
おかげ様で良い評判もたくさんいただいたので、現在商品化に向けて進行中です!

MORE THAN Project|什器デザイン

11216835_871520312926486_7723571858298807295_n
株式会社ロフトワークさんが経済産業省と取り組んでいる、MORE THAN PROJECT。
バッタ☆ネイションは、本プロジェクトで使う木製什器をデザインしました。
木材は、飛騨市に構える飛騨の森でクマは踊る(通称:ヒダクマ)さんの協力を得て調達。
製作は同じく飛騨の山岳木工さん、布は堀江織物さんというチームで完成させ、無事納車。
21886291605_36e9619af9_k
21860132496_1d243f6bee_k
21698195210_2620a867ba_k
普通のバナー用什器と違って、自立式のためどこでも簡単に設置ができます。
車輪家具ですから、片手でスイスーイと自由に動かせます。
簡単にバラせるような仕様になっていて、小さくまとめることができるのも特徴の一つ。
どこにでも簡単に持ち運び可能です。

監修:飛騨の森でクマは踊る http://hidakuma.com/
デザイン:バッタ☆ネイション
製作:山岳木工 http://koivu.minibird.jp/
布:堀江織物 http://horieorimono.co.jp/

Photo by Loftwork

デイリーポータルZ|巨大ガチャガチャ制作

2015年3月26日~29日までの四日間、大阪駅の真横、グランフロント前のうめきた広場にて開催されたイベント『ナレッジキャピタルフェスティバル』にて、デイリーポータルZ(ニフティ株式会社のオウンドメディア)が「巨大いらないものガチャガチャ」企画で参加。岩沢兄弟は巨大ガチャガチャ制作で協力しました。

■ 当日の詳しい様子はこちら → デイリーポータルZ「欲望の永久機関 巨大いらないものガチャ」

11032633_786110218134163_1828941540259462006_n
11096511_786110008134184_4662915215747185788_n
イベントは4日間で巨大ガチャは約2400回転も回され、たくさんの人に楽しんでいただきました!

ギズモード|Philips hue LEDランプ 「車輪家具」

IMG_0241

IMG_0234

IMG_0250

IMG_0276

IMG_0271

IMG_0255

IMG_0254

Link 記事

 

三井不動産|KOIL 家具デザイン

2014年4月にオープンした、三井不動産の柏の葉インキュベーションセンター「Koil」の家具をデザインしました。
「車輪家具」にすることで、入居者の思い通りに家具をかんたんにレイアウトすることが可能です。



「車輪家具」 -Sofa-
座面側を持ち上げると簡単に移動可能です。



「車輪家具」 -ホワイトボード-



キッチンの天板2枚が時計のようにくるくる回ります。

P1010630のコピー
風呂屋にある木の鍵を使った個人用ロッカー

 

◎OPENから5年。再訪してみました。

2019年5月。オープンから5年経ったKOILに、ロフトワークの皆さんと再訪しました。
どんな風に利用されているのか、楽しみです。


入り口を出迎えてくれたのは、僕らがデザインしたホワイトボード。
EVENTインフォメーションボードとして使われていました。
イベント情報が掲示しやすいように、専用枠を取り付けるなど工夫されていたのが印象的。



車輪家具ソファは変わらず。



回転するウォーターサーバーテーブルは、会員の情報交換の場となっているのか、
いろいろなチラシなどが置かれていました。


銭湯ロッカーも健在。
それぞれに時間の経過を感じる風合いにもなっていましたが、とてもキレイに使われていました。
全体的にとても活発に活用されていたのがとても嬉しい。
こういうプロジェクトに関われてよかったです。

 

◎Credit
・名称:KOIL(柏の葉 オープンイノベーションラボ)
・事業主:三井不動産株式会社
・プロデュース:三井不動産株式会社+株式会社ロフトワーク
・デザイン:株式会社成瀬・猪熊建築設計事務所
・イノベーション家具デザイン:岩沢兄弟
・撮影:株式会社ロフトワーク(OPEN当初写真)、きてん企画室(5年後再訪写真)

 

◎関連事例
クリエイティブラウンジ「loftwork COOOP10」空間デザイン

◎創造性が誘発される場づくり、お手伝いします。
使う人の自由な発想を気楽にカタチにできる空間デザインをお手伝いします。
小さなオフィスや会議スペースなど、一部の場所から始めることもできます。
お問い合わせこちら

真心ブラザーズ|「消えない絵」PV 家具デザイン・制作

真心ブラザーズ「消えない絵」PV制作。 AR三兄弟・長男 川田十夢(@cmrr_xxx)の依頼で 宇宙兄弟、真心ブラザーズ、AR三兄弟のコラボというわけで兄弟縛り参加。 岩沢兄弟は、撮影、編集、インテリアデザインを担当。

連載:川田十夢

消えない絵PV

date_20130419225339_640x520_51713A515CC7

5_1-615x347

5_9-615x444

ロフトワーク|loftwork COOOP 空間デザイン・家具デザイン

「loftwork」の10Fにあるイベント&打ち合わせスペースのデザイン。
あらゆる壁面は、ホワイトボードに。
家具は、「車輪家具」にすることでかんたんにレイアウト変更することができる。
使う人のアイデアによって色々な空間にアレンジ可能。

7412222952_57c8a1559e_z

エントランスのホワイトボード

7412219806_71926f571b_z

7412216342_f539d6dbb5_z

7412215374_7f21410b4f_z

重たい植木には車輪を。緩く空間を仕切る。

7412214476_bf543d1f8c_z

7412213438_ef46d7b183_z

キッチン

7360947988_4e4617f871_z

8252141350_37690ec69d_z (2)

7363711040_15715c7ba8_z

工事風景01

7363712066_5af72f097a_z

工事風景02

7363712586_6c50f150ba_z

カウンターテーブル「車輪家具」

7360947630_7161c9debf_z

1474365_1432643973614748_90745895_n

植木鉢「車輪家具」

12813187954_4b8acd1895_b

エントランスもホワイトボードに。

9550300115_816a414346_b

ミーティング風景

11350618546_a05a8cb59f_b

イベント風景

12812792893_1e981466d5_b

ワークショップ

1473050_1432643793614766_1164292570_n

「車輪家具」の脚

1425550_1432643823614763_438247215_n

ペーパーウッドの天板

1441440_1432643893614756_1595080549_n

パーティション

1471860_1432643953614750_371980015_n

「車輪家具」

photos by loftwork

https://www.flickr.com/photos/loftwork2008/sets/72157630039439951

FabCafe|SXSW 展示什器デザイン

SXSWのイベントブースデザイン。

什器を日本から持ち込む為に什器を機内持ち込みサイズでデザイン。

1003906_1432632343615911_2123091457_n

IMG_0005_2

機内持ち込みサイズの「車輪什器」

IMG_0009_2

コルクマットにステンシルでグラフィックを描写

IMG_0037_2 

485899_617305581618469_921831436_n

photos by loftwork

メディアジーン|ホワイトボード 「車輪家具」

IMG_2568

IMG_2574

IMG_2603

IMG_2604

SHIFTBRAIN/CINRA|エントランス空間デザイン

IMG_8478

IMG_8490

SHIFTBRAIN/CINRAエントランス01

COCOON(コクーン)|新オフィスデザイン

イベント企画業務がメインのCOCOONさんは、社長を筆頭に女性スタッフが多い会社です。仕事エリアと打ち合わせエリアを分け、打ち合わせエリアは自宅のリビングスペースのようなつくりにすることで、仕事が遅くまでかかってもリラックスできたり、みんなで料理をつくって楽しくごはんも食べれるような場づくりを意識しました。

318083_123509551152227_1577866919_n
45912_123509537818895_1356061980_n

クライアント名:COCOON(コクーン)
完成:2011年5月
担当:新オフィスの設計・オリジナル家具デザイン

インターフォンdesign

Office用のインターフォンデザイン
赤外線センサーで来客があるとインターフォンが飛び出る仕様に

_MG_4409

_MG_4410

_MG_4399

_MG_4400

 

_MG_4450

 

Co-net(イベントスペース兼オフィス)

日本橋小網町のビルをリノベーションしたイベントスペース兼オフィス。
2009年〜2013年までバッタネイション事務所として使用。
フリーランス食堂などのイベント会場として使用。

sample-img02

sample-img01