ノーリツイス|家具デザイン

多用途な什器のデザイン

岩沢兄弟は、デジタルものづくりカフェFabCafe Nagoyaと、オフィスファニチャーの老舗メーカーであるノーリツイスとコラボレーション。ノーリツイスが70年以上製造してきたパイプイスのデザインから着想し、展示什器として使える「めちゃデカいパイプ椅子」をデザインしました。

パイプイスの良いところは、「仮設性」に優れていることです。ふだんは折りたたんで収納できるため場所をとらない。簡単に持ち運べる。広げるだけですぐに使える。これらの特徴が展示什器にもあったらとても重宝しそうです。

 

そこで、パイプイスのスケールを巨大化して什器として活用できないか?と考え、できたのがこちらです。

プロジェクトの始まりは、FabCafe Nagoyaの皆さんから「カフェ内に設置する展示什器をデザイン・制作してほしい」という依頼をうけたことでした。せっかくなら名古屋に本拠を構える企業とコラボレーションしたいと打診したところ、ノーリツイスさんをご紹介いただいたことで実現に至りました。(ちなみに、まだ人が座れる椅子しての検証はできていないので、基本は展示什器などモノを乗せる使い方に限定しています。)

FabCafe Nagoyaでは、展示什器以外にもDJブースとしても活用されているようです。シンプルなデザインかつ可動性が高いので、ほかにもアイデア次第で様々なシーンで活躍しそうで楽しみです。

現在、ノーリツイスと製品化することも検討しています。進捗次第、改めてお知らせいたします。

めちゃデカいパイプ椅子、欲しい方はご連絡お待ちしています。

 

お問合せフォームこちら

共同企画:FabCafe Nagoya、ノーリツイス、岩沢兄弟
詳細設計・製作:ノーリツイス
デザイン:岩沢兄弟

株式会社ノーリツイス

愛知県に拠点を構える、オフィスファニチャーメーカーです。昭和22年創業と歴史深く、次代の「快適空間創造企業」を目指し、革新的な取り組みにも挑戦している会社です。