ルミネ|「遊び心のあるオフィス空間」をぎゅっと詰め込んで。ルミネ ウィンドウディスプレイデザイン

2019年3月、ルミネ全10箇所のディスプレイを岩沢兄弟が企画・デザインしました。
テーマは「Work ✕ Leisure ー Weisure(ワジャー)」。

「遊び心のあるオフィス空間」をディスプレイテーマにしたいという意向を受け、
ちょっとだけ現実からはみ出すたのしい空想と、「オフィスらしさ」を構成する要素をかけ合わせた、オリジナル家具と空間を提案しました。





上記全てLUMINE新宿店で撮影。


デザインスケッチ(画:いわさわひとし)

ルミネ ウィンドウディスプレイ「Weisure」
期間:2019年3月
場所:LUMINE(大宮、北千住、池袋、有楽町、新宿、新宿EST、立川、横浜、町田 、荻窪)
クリエイティブディレクション:POOL inc. 岩﨑悦子、滝瀬玲子
アーティスト:岩沢兄弟(バッタネイション)
制作:SUPER EDISON CO.,LTD.
撮影:ただ(ゆかい)

【動画制作】
クリエイティブディレクション:POOL inc. 滝瀬玲子
ディレクター:中塩 健吾
プロデューサー:POOL inc. 内島来

FINDERS編集部|新オフィス 空間・家具デザイン

米田智彦氏が創刊編集長を務める新ウェブメディア、
「FINDERS(ファインダーズ)」の編集部が入居するオフィスデザインを担当しました。

◎人が空間に合わせるのではなく、空間が使う人に合わせるデザイン

空間づくりで大切にしているのは、「人が空間に合わせる」のではなく、いかに「空間が使う人に合わせられるか」という視点です。
空間、空間に配置される家具や什器、道具によって人の行動パターンを決めるのではなく、
新しい使い方や自分なりの居心地の良い過ごし方を自然に発見できる仕掛けをつくることが大事だと考えています。
この考えを土台に、今回の「FINDERS」編集部オフィスの場合は、
最新テクノロジーやデザインを紹介するメディアだからこそ必要な空間づくりを目指しました。

大きなポイントは2つあります。
一つは、「ファインダー越しに映える空間づくり」。
もう一つは、「編集部の成長と働き方に合わせられる空間づくり」です。

 

◎「ファインダー越し」に映える空間に仕立てる

ウェブメディアに欠かせないのが、クオリティの高い写真。
編集部オフィスも撮影の舞台として最大限活用できれば、オフィスの利用価値が上がるのではないかと考え、
「ファインダー越し」に映える空間づくりを一つのポイントにしました。

例えば、ミーティングルーム。
既存の天井を残し、壁を造作したミーティングルームを中心部に配置。

壁に囲まれがちなミーティングルームの1面をガラスの引き戸にすることで、引きの映を撮りやすい空間に仕立てました。
さらに、その先にエントランス兼ソファスペースを配置することで、中庭的な部分を配置。
部屋の中心にありながら圧迫感のない奥行きを感じられる場所を作りだしました。


また、オフィス内で色々な表情のインタビューシーンが撮影出来るように、要所要所に表情の違う壁を作りました。

全体のテイストは、トレンドを安易に取り入れるのではない、いつでも新鮮さを感じられ、古くならないデザインを目指しました。

 

◎使い手の自由を拡げる「ツール」を組み込む

二つ目のポイントである「編集部の働き方に合わせられる、空間づくり」。
FINDERS編集部のスタートは3名。ここから、次第に編集部員や学生インターン、外部パートナーなど、
関わり方の違うメンバーが増えていくことを想定して拡張性の高いオフィスづくりを前提としました。

躯体(スケルトン状態の空間)の中に必要なモノの場所を落とし込み、できたスキマをつなぐように家具を埋めていきました。
オリジナルデザインの家具には、表情が豊富なラワン合板を使用。
テーブルは自分達でレイアウト変更しやすいように、シンプルで軽く、組み合わせやすい正方形型におさめました。


壁面には本棚と1人集中や気分転換のためのカウンターを設置。

柱と間仕切りの間に出来た隙間には扉のみを設置し大きな物をざっくりと収納できるパントリー的な物を設置。
編集部の働き方や成長に合わせて、オフィス空間がどんどん新しい使い方が発見され、変容していくことを楽しみにしています。

FINDERS編集部 新オフィス 空間・家具デザイン、施工
空間デザイン:岩沢ヒトシ
オリジナル家具デザイン・製作ディレクション:岩沢ヒトシ
解体、施工ディレクション:岩沢ヒトシ
実施期間:2017年11月〜12月
Photo:mayumine(mayumi ishikawa)

関連リンク
FINDERS:バッタ☆ネイションが目指す「溶け出す」「拡張する」オフィス空間

Shibuya Hack Project|「似非シブヤ展ー都市を書き換える5日間の仮設」展示空間デザイン

ロフトワークとShibuya Hack Projectが手掛ける企画展、『似非シブヤ展――都市を書き換える5日間の仮設』。
キュレーターやスタイリスト、地図作家、漫画家、デザイナーといった全11組のクリエイターが
「似て非なる渋谷」を表現した作品を展示する本企画で、岩沢兄弟は空間デザインを担当しました。




 



Shibuya Hack Project 「似非シブヤ展」展示空間デザイン
・主催:Shibuya Hack Project 似非シブヤ展実行委員会
・協力:株式会社ロフトワーク
・Shibuya Hack Project 似非シブヤ展実行委員会
ディレクター:石川由佳子(ロフトワーク/LAYOUT)
アートディレクター:河ノ剛史(ビジュアルデザイナー)
空間デザイン:岩沢ヒトシ、岩沢卓(岩沢兄弟)
企画運営:村田美樹、岩沢エリ、佐々木まゆ、浅見和彦(ロフトワーク)

◎関連リンク
Shibuya Hack Project:
似非シブヤ展──都市を書き換える5日間の仮設
https://shibuyahack.com/2018/02/ese_shibuya_exhibition/

ロフトワーク|ロフトワーク展_展示空間演出・什器デザイン

株式会社ロフトワークの初めての企画展「ロフトワーク展 01 – Where Does Creativity Come From?」。
展示空間の演出と什器デザインを担当しました。

ロフトワークがさまざまなプロジェクトを通じて発見した“創造性の種”を公開した本展。
主に、アイデアのインスピレーションの元となった素材を展示するSeedエリアと、
プロジェクトを形成するあらゆる要素を数値化するDataエリアの2つの空間で構成されています。

Seedエリアは黄色をベースに、Dataエリアは青色をベースにデザイン。
いずれも統一感のでるように、正方形や長方形のオリジナルフレームを制作し、サインや展示什器に活用しました。

◎Seedエリア

Seedエリアは、アイデアの種明かしゾーン。
約20程度のプロジェクトのそれぞれの創造性の種…インスピレーションの素材を遊び心をふんだんに取り入れて展示しました。



 

◎Dataエリア

Dataエリアは、ロフトワークがクリエイティブを生み出すために使った時間やツールを展示。
青をベースとした空間構成で、実際のプロジェクトで作った提案資料を吊るしたり、
プロジェクト期間中、どんなことに時間を使ったのかを可視化するボードなどを紹介。

 

オリジナル展示フレームは単純な木製の枠組みのため、上記のようにサインや素材展示などさまざまな用途に活用できました。



 

ロフトワーク 「ロフトワーク展」空間デザイン・家具デザイン
展示空間演出・什器デザイン:岩沢兄弟
Photo:loftwork(https://flic.kr/s/aHsktcXD4E

ワークスアプリケーションズ|オフィスラウンジ_空間デザイン・コミュニケーション設計

米大手企業向けソフトウェアメーカー、ワークスアプリケーションズが事業拡大・人員増加を背景に、
社内コミュニケーションの活性化を目的オフィスラウンジ開発プロジェクト。
岩沢兄弟は、空間デザイン・コミュニケーション設計・インテリアディレクションを担当しました。

ワークスアプリケーションズ|オフィスラウンジ_空間デザイン・家具デザイン
プロジェクトマネジメント:ロフトワーク
空間デザイン・コミュニケーション設計・インテリアディレクション:岩沢兄弟
家具:岩沢兄弟、HidakumaELDインターオフィス
植物:Geckou

◎関連リンク
loftwork.com:

[事例紹介]社員の働き方に合わせた新しいオフィス空間
 https://loftwork.com/jp/project/20170628_worksap
[Interview]「喫煙スペース」をひとつのインスピレーションにひとを惹きつける空間づくりをめざしたプロジェクト
 https://loftwork.com/jp/project/20170628_worksap/interview

ワークスアプリケーションズ:
オフィス紹介
https://career.worksap.co.jp/index.php/268/614

うさぎ王|新オフィス 内装・家具設計、施工

岩沢兄弟
岩沢兄弟|うさぎ王オフィスデザイン
岩沢兄弟|うさぎ王オフィスデザイン



岩沢兄弟|うさぎ王オフィスデザイン

岩沢兄弟|うさぎ王オフィスデザイン
岩沢兄弟|うさぎ王オフィスデザイン

うさぎ王 新オフィス 空間・家具デザイン、施工
空間デザイン:岩沢仁
家具デザイン:岩沢仁、堀川純一郎
家具組立、施工:岩沢仁、土田誠、堀川純一郎

[インタビュー] LAYOUT_岩沢兄弟の空間たし算ひき算〜 Vol.05 FabCafe MTRLの空間の作り方〜空間編

岩沢兄弟の空間たし算ひき算〜

Vol.05 FabCafe MTRLの空間の作り方〜空間編

“空間”と“エクスペリエンス設計”の実験サイト、LAYOUT内で「岩沢兄弟の空間たし算ひき算」を連載しています。

第五弾は「偶然がうまれやすい空間作り」。

コワーキング/プロジェクトスペース「FabCafe MTRL(ファブカフェマテリアル)」。

設計思想や構築時の秘話をお話しました。

http://layout.net/space/battanation-kuukanux05-fabcafe-mtrl/

FabCafe MTRL|空間・家具デザイン

25368717643_74948e0c62_o

Fabcafe MTRL 01

Fabcafe MTRL 02

Fabcafe MTRL 03

Fabcafe MTRL 04

 

FabCafe MTRL(https://mtrl.net/shibuya/

空間・家具デザイン:岩沢兄弟

家具製作:ヒダクマ(飛騨の森でクマは踊る)

[NEWS] 車輪家具の制作アトリエ店舗「浅草橋車庫」オープン!

人のコミュニケーションを誘発する家具シリーズ「車輪家具」制作アトリエ店舗「浅草橋車庫」が浅草橋にオープン

オリジナル家具つくり体験、職人のトークイベントも

9810191116_3253242e24_z

2016年3月30日、台東区浅草橋に『コミュニケーションを誘発する場づくり』をテーマにしたアトリエ「浅草橋車庫」がオープン。手がけたのは、動く家具やモバイル什器を制作、販売する岩沢兄弟(有限会社バッタ☆ネイション)。近年、多くの企業でコミュニティエリアの充実やフリーアドレスの導入が進んでおり、固定しない、柔軟にレイアウト変更できるオフィス環境の需要が向上している。岩沢兄弟は、コストを抑えながら、クライアントの個性やメッセージを際立たせるデザイン実現のため、動く家具・什器シリーズ『車輪家具』を使った空間デザインを提案している。浅草橋車庫では、車輪家具の制作現場見学や、3Dプリンターやレーザーカッターなどデジタルファブリケーション機器を使った家具作り体験教室も開催予定。

浅草橋車庫のもう一つの狙いは、浅草橋のものづくりコミュニティづくり。浅草橋には多くの職人やデザイナーがいるが、彼らを繋ぐ機会が少ない。浅草橋車庫では、職人とクリエイターが出会えるイベントを開催し、ここから新しいプロダクトが生まれることも狙う。4月27日に、お披露目イベントを開催を予定している。

 

【アトリエ概要】

IMG_4379

アトリエ名:「浅草橋車庫」

サービス内容:

・オリジナル家具「車輪家具」シリーズのデザイン・製作・販売

・オリジナルプロダクトデザイン、プロトタイピング

・イベント、ワークショップ企画、運営

住所:東京都台東区浅草橋4-7-5

オープン日:2016年3月30日

プロデュース、運営:岩沢兄弟(有限会社バッタ☆ネイション)

取材、お問い合わせ先:info@battanation.com(担当:岩沢)

 

【オープン記念イベント概要】

garagedrinks

タイトル:Garage Drinks in 浅草橋車庫 vol.01

概要:浅草橋車庫のお披露目イベントです

場所:浅草橋車庫(東京都台東区浅草橋4-7-5)

日時:2016年4月27日(水)18:00~21:00 *出入り自由

参加方法:info@battanation.com

*「タイトル名【Garage Drinks参加希望】、企業名、お名前、連絡先」を明記の上参加希望をご連絡ください

 

【岩沢兄弟(有限会社バッタ★ネイション)プロフィール】

空間・家具と金髪を担当する兄・ヒトシ、映像・企画とヒゲを担当する弟・卓。そんな、岩沢兄弟によるデザインユニット。触って動かしたくなる、楽しくて面白いプロダクトやデザインが得意。近年力をいれているのは、企業内での自発的なコミュニケーションが生まれる空間創り。型にはまった会議室や食堂ではなく、ミーティングスペースにもなるキッチンや、ちょっと変わったコミュニティエリアを構築する家具や什器を独自にデザインしている。2011年より車輪家具の納車を開始。(WEB:http://battanation.com/

iwasawa_bros_584x584

これまでの納品実績(一部)】

ニフティ株式会社、株式会社ロフトワーク、株式会社メディアジーンなど

8252141018_50fdf6a672_z

P1140551

1402860_1432624640283348_1228155054_o

【本リリースのお問い合わせに関して】

mail info@battanation.com

担当 岩沢

+graph|新オフィス設計、オリジナル家具デザイン

14372433_835926296543968_442292439650902579_o

+graphさんは、会計や経理アウトソーシングだけでなく、社外の財務責任者という立場までコミット。
クライアントと真摯に向き合うことを大切にされています。
また、クライアントの大半がクリエイター系のスモールオフィスや、ベンチャー企業、酒造会社など
ものづくりに関わるクリエイティブ関連の業種であることも特徴の一つでした。
そんなクライアントのみなさんが、もっと素敵なものづくりができるように、
財務面から支援する+graphの魅力を空気感で伝えられるようなオフィスにすることを目指しました。

会社のコーポレートカラーをオフィスデザインにもふんだんに活用。
クリエイティブへの理解があることが伝わるような、しかし凝り過ぎず使いやすさを重視したオフィスになることを意識しました。

クライアント名:株式会社プラスグラフ(+graph)
完成:2015年9月
担当:新オフィスの設計・オリジナル家具デザイン

やぎう坐|コミュニティ・スペース やぎう坐 (徳島県池田町)空間デザイン

yagyu-za01
おじいもおばあもわかもんも、町の人間もよそもんも、たくさんの人が集まる、元気な場所を作りたいー

コミュニティ・スペース「やぎう坐」開館プロジェクトは、徳島県池田町のまちおこしの一環として始まりました。
やぎう坐という名前の由来は、プロジェクト発起人の一人である、柳生さんへの感謝もこめて付けらました。

岩沢兄弟は、縁あってやぎう坐のデザインとDIYのアドバイス&サポートで参加しました!

■ やぎう坐プロジェクトの詳しいストーリーはこちら:やぎう坐(http://yagiuza.com/)

▼ 完成までの様子
yagu4
はじめはこんな感じのスペースでしたが・・・
yaguza_02
みんなで天井ぬりぬり
yagu2
右側で指示を出しているのは岩沢(弟)ですね
yaguza-03
古いカーペットをすべて剥がします
yaguza-04
根太組みして・・・
yaguza-05
地元の木材(杉)を使ったフローリングになりました〜
yaguza-06
酒ケースを間仕切りに活用
yaguza-07
出来上がりました!
yagu
たくさんの人が集まる場所になりますように!

プロジェクト名:やぎう坐プロジェクト

完成:2015年12月
担当:グランドデザイン、施工支援、DIYアドバイス

Photo by Yaguza

三井不動産|KOIL 家具デザイン

2014年4月にオープンした、三井不動産の柏の葉インキュベーションセンター「Koil」の家具をデザインしました。
「車輪家具」にすることで、入居者の思い通りに家具をかんたんにレイアウトすることが可能です。



「車輪家具」 -Sofa-
座面側を持ち上げると簡単に移動可能です。



「車輪家具」 -ホワイトボード-



キッチンの天板2枚が時計のようにくるくる回ります。

P1010630のコピー
風呂屋にある木の鍵を使った個人用ロッカー

 

◎OPENから5年。再訪してみました。

2019年5月。オープンから5年経ったKOILに、ロフトワークの皆さんと再訪しました。
どんな風に利用されているのか、楽しみです。


入り口を出迎えてくれたのは、僕らがデザインしたホワイトボード。
EVENTインフォメーションボードとして使われていました。
イベント情報が掲示しやすいように、専用枠を取り付けるなど工夫されていたのが印象的。



車輪家具ソファは変わらず。



回転するウォーターサーバーテーブルは、会員の情報交換の場となっているのか、
いろいろなチラシなどが置かれていました。


銭湯ロッカーも健在。
それぞれに時間の経過を感じる風合いにもなっていましたが、とてもキレイに使われていました。
全体的にとても活発に活用されていたのがとても嬉しい。
こういうプロジェクトに関われてよかったです。

 

◎Credit
・名称:KOIL(柏の葉 オープンイノベーションラボ)
・事業主:三井不動産株式会社
・プロデュース:三井不動産株式会社+株式会社ロフトワーク
・デザイン:株式会社成瀬・猪熊建築設計事務所
・イノベーション家具デザイン:岩沢兄弟
・撮影:株式会社ロフトワーク(OPEN当初写真)、きてん企画室(5年後再訪写真)

 

◎関連事例
クリエイティブラウンジ「loftwork COOOP10」空間デザイン

◎創造性が誘発される場づくり、お手伝いします。
使う人の自由な発想を気楽にカタチにできる空間デザインをお手伝いします。
小さなオフィスや会議スペースなど、一部の場所から始めることもできます。
お問い合わせこちら

ロフトワーク|loftwork COOOP 空間デザイン・家具デザイン

「loftwork」の10Fにあるイベント&打ち合わせスペースのデザイン。
あらゆる壁面は、ホワイトボードに。
家具は、「車輪家具」にすることでかんたんにレイアウト変更することができる。
使う人のアイデアによって色々な空間にアレンジ可能。

7412222952_57c8a1559e_z

エントランスのホワイトボード

7412219806_71926f571b_z

7412216342_f539d6dbb5_z

7412215374_7f21410b4f_z

重たい植木には車輪を。緩く空間を仕切る。

7412214476_bf543d1f8c_z

7412213438_ef46d7b183_z

キッチン

7360947988_4e4617f871_z

8252141350_37690ec69d_z (2)

7363711040_15715c7ba8_z

工事風景01

7363712066_5af72f097a_z

工事風景02

7363712586_6c50f150ba_z

カウンターテーブル「車輪家具」

7360947630_7161c9debf_z

1474365_1432643973614748_90745895_n

植木鉢「車輪家具」

12813187954_4b8acd1895_b

エントランスもホワイトボードに。

9550300115_816a414346_b

ミーティング風景

11350618546_a05a8cb59f_b

イベント風景

12812792893_1e981466d5_b

ワークショップ

1473050_1432643793614766_1164292570_n

「車輪家具」の脚

1425550_1432643823614763_438247215_n

ペーパーウッドの天板

1441440_1432643893614756_1595080549_n

パーティション

1471860_1432643953614750_371980015_n

「車輪家具」

photos by loftwork

https://www.flickr.com/photos/loftwork2008/sets/72157630039439951

カガリユウスケ|アトリエ 空間デザイン

壁を持ち歩くをコンセプトにカバンを制作するカバン作家カガリユウスケのギャラリー兼アトリエのデザイン

MG_9957

展示会風景

MG_9356-600x400

kagariyusuke-hyakunenkancChangefashion.net011     kagariyusuke-hyakunenkancChangefashion.net010

アトリエ

DSC03201      kagariyusuke-hyakunenkancChangefashion.net003

展示会風景

DSC03191

DSC03193

BDxczDwCcAEaR_5

DSC03192

20120602-19

 

FabCafe|SXSW 展示什器デザイン

SXSWのイベントブースデザイン。

什器を日本から持ち込む為に什器を機内持ち込みサイズでデザイン。

1003906_1432632343615911_2123091457_n

IMG_0005_2

機内持ち込みサイズの「車輪什器」

IMG_0009_2

コルクマットにステンシルでグラフィックを描写

IMG_0037_2 

485899_617305581618469_921831436_n

photos by loftwork

Rockaku|新オフィス 空間デザイン

コピーライター事務所 Rockakuの
オフィス空間デザイン・家具デザイン・施工を担当しました。

もともとは製本工場だった物件をリニューアル。
コピーライター事務所 Rockakuならではの働き方や過ごし方の工夫に、
僕たちらしい遊びごころをふんわりまぶした空間にしつらえました。

4
個人作業は目線が隠れる程度の囲いをつけた空間を用意しました。

3
顔を上げれば共同スペースが見渡せて、メンバーと目を合わせて会話もできる。
まるで、家の垣根を挟んで、自然と井戸端会議がおこるような空間づくりになっています。

2
時間も更ければ、スナックにも変貌できそうなカウンターも。

1
コピーライター事務所らしく、壁側に造作した本棚も大きめに。

古い建物も、ちょっとした工夫でそのオフィスらしい風土を醸し出す空間づくりができますよ。

コピーライター事務所 Rockaku 新オフィス 空間・家具デザイン、施工
空間デザイン:いわさわひとし(兄)
オリジナル家具デザイン・製作ディレクション:いわさわひとし(兄)
解体、施工ディレクション:いわさわひとし(兄)
実施期間:2012年

※現在、新たなオフィスを改装中です。2019年6月にお披露目予定です。

関連リンク
株式会社Rockaku
Rockakuのオフィス、居抜きで使いませんか?(締切済)

CINRA|オフィス空間デザイン

10443380_702471816468939_6423089153844972134_n

1

4

3

2

COCOON(コクーン)|新オフィスデザイン

イベント企画業務がメインのCOCOONさんは、社長を筆頭に女性スタッフが多い会社です。仕事エリアと打ち合わせエリアを分け、打ち合わせエリアは自宅のリビングスペースのようなつくりにすることで、仕事が遅くまでかかってもリラックスできたり、みんなで料理をつくって楽しくごはんも食べれるような場づくりを意識しました。

318083_123509551152227_1577866919_n
45912_123509537818895_1356061980_n

クライアント名:COCOON(コクーン)
完成:2011年5月
担当:新オフィスの設計・オリジナル家具デザイン

日本たばこ産業|JT – Smoking Space- ブルーマン劇場 空間デザイン・什器デザイン

ブルーマン劇場のJT SmokinSpaceのデザイン
スペースデザインからグラフィックまで担当

_MG_6859

_MG_6865

_MG_6855

_MG_6793

_MG_6884

SHIFTBRAIN/CINRA|オフィス空間デザイン

IMG_8495

IMG_8502

IMG_8510

フィットネスジム&ランニングクラブ DOCTOR PLUS+

IMG_1677

IMG_1628

IMG_0200

IMG_0214

IMG_0220

IMG_1629

IMG_1658

IMG_1685

FeliceVita 店舗設計

ウェディングドレスレンタルショップのFeliceVita。全国9店舗構えている中の高崎店のShopデザインを担当しました。ウェディングドレスショップらしく、白で統一。店内にもドレスの軽やかさを感じられるようなレース使いも取り入れました。

740146_123508184485697_1590695228_o
774222_123508187819030_277015468_o

クライアント名:株式会社とみおかや
設計店舗:FeliceVita 高崎店
担当:店舗設計

Co-net(イベントスペース兼オフィス)

日本橋小網町のビルをリノベーションしたイベントスペース兼オフィス。
2009年〜2013年までバッタネイション事務所として使用。
フリーランス食堂などのイベント会場として使用。

sample-img02

sample-img01