パナソニック|Panasonic Wonder LAB Osaka 家具デザイン

Panasonicのイノベーターたちが、社外パートナーも含めた多様な人々と一緒に、
新たな価値を創造するプレイフルな共創空間「Panasonic Wonder LAB Osaka」の家具デザインを担当しました。


共創空間というと、オープンな空間づくりが重視されすぎて、一人で篭って作業できるエリアが減りがちです。
この壁付きテーブルは、1面〜最大3面まで壁パネルが付属しています。(写真は1面のみのもの)
可動式なので、いつでも好きな場所でお篭り作業ができますよ。


中華料理店でよく見かける、円形の回転テーブルから着想した家具。
大皿をみんなで取り分けておいしくいただくように、ちょっとしたアイデアや作ったものを気軽にシェアしやすいオフィステーブルに仕上げました。


車輪付きソファ。
ソファというと、稼働するのはなかなか難しいものが多いですが、こちらは片手でコロコロと移動できます。

Panasonic Wonder LAB Osaka 家具デザイン
家具/什器デザイン:岩沢ヒトシ

関連リンク
Panasonic Wonder LAB Osaka:https://www.panasonic.com/jp/corporate/wonders/wlo.html
株式会社ロフトワーク事例紹介「パナソニック株式会社|オープンイノベーションのための拠点づくり」:https://loftwork.com/jp/project/20160609_wlo